最新投稿

  • 新築マンションを購入したが地震で大きく揺れる

    マンションを購入するとき、地震に対してどれくらい強いかをチェックすることがります。
    その時によく出てくる言葉が耐震性です。
    これは地震の揺れにどれだけ耐えられるかです。
    どれだけ揺れて、日々が割れて、家具などが倒れようとも建物が倒れないのであれば耐震性があるとされます。
    揺れ方とは異なります。
    新築マンションを購入した後に何度か地震があり、その地域に出される情報に比べると体感的に揺れているように感じるかもしれません。
    耐震性のみに対応している建物になると、上階になるほど揺れやすくなります。
    耐震性能が高いからと言って全く揺れないわけではありません。
    揺れを軽減する仕組みとしては、制振性であったり免震性があります。
    どちらも地震の揺れを抑えるための技術を使って揺れが軽減されるようになっています。
    建物の下にゴムなどを入れて揺れを吸収したり、柱に揺れるのを抑える構造を採用したりしています。
    制振や免震はすべての建物に義務付けられているわけではありません。

    賃貸のお部屋探しを目白でお手伝い

    ウィークリーマンションやマンスリーマンションなら賃貸ショップ 大阪
    女性でも安心してご利用頂けるよう、当店では防犯カメラやオートロックなどセキュリティ面も充実したお部屋をご用意しています。

  • ①.不動産

    不動産の売り出しを開始することになりますと売却を依頼した不動産会社が、色々と活動をすることがあります …